寿円佳宏 wonderland

スポーツ業界紙「スポーツフロンティア」に掲載しているコラムをブログで紹介。

AIが作るもう一人のワタシ

   ある番組で、大谷翔平を負かした男として、ボストン・レッドソックスのムーキー・ベッツ選手が紹介されていた。入団前は全く注目されていなかったが、レッドソックスの特殊な発掘テストで見出された。身長は175cmと小柄ながら比類な能力を持つ。「判断力」と「瞬発力」だ。判断力は、ボールを見極める脳の力。瞬発力は、脳の命令を受け身体が動き出す速さを意味する。

  大谷投手は、150kmのストレートと140kmの高速スプリットを投げる。同じ軌道から変化してくるボールを打ち返すのは至難の技だ。スプリットの空振り率は70%以上、他の投手の倍の率を誇る。矛と盾ともいえる二人の対決、18年シーズンはベッツが上回った。ベッツは大谷投手の手からボールが離れた瞬間、通常の選手より約1/3早い段階で、打つ・打たないを判断する。打つと決めると動き出すスピードも他の選手より1/3早い。二つの速さが、大谷投手のボールへの対応を可能にしている。MLBの球場では、ミサイルを追尾するレーダーやカメラが選手の一挙手一投足をデータ化し、日々プレーを進化させている。こうしたデータで示されると、MLBプレーヤーの超人さや、次元の違いがよくわかる。

  MLBで起きているデータ革命も興味深いが、「脳」と「体」に分けてプレイを考えていることに関心を持った。AIの進化と重なると感じたからだ。蒸気機関から始まった機械化は、人の筋力を代替してきた。今はセンサーという目を得て、一層の高度化を果たしている。さらにAIは自ら学習する能力を得て、知能まで代替する様になった。誰もが自分の分身となる脳と体を持つのも近いはずだ。これまでも本やビデオを通じ、先人の考えが受け継がれてきた。が、AIの知能は過去だけでなく、その人が考えそうな事を推察し、今に対応する。そしてAI知能は、その人が亡くなった後も生き続けるのだ。またAIが、本人を追い越して行く現象も起きている。フェイスブックを例にあげると、150のいいねで配偶者より私をよく知り、300のいいねで私より私をよく知ると言われる。長年の夢であった不老不死はこれなのか、自分の存在は何なのか。初夢ならぬ私の妄想は続く。

もう一人の自分を飼っておく

 先日、出張先で待ち合わせ場所の近くまで行きながら迷ってしまった。地図アプリを開こうとしたが、スマホの調子が悪く表示されない。迫る時間に焦りながら、ウロウロしていると運良く待ち人の姿が見え、ぎりぎり間に合った。初めてのお客様訪問に迷惑をかけずに済んだ。その後、今度は新幹線の切符を予約しようとしたが、アプリに接続できない。何度かトライするが状況は変わらない。再起動してみると復活。運良くこちらも事なきを得た。立て続けに起きたスマホの不具合が頭に残った。

 乗り込んだ新幹線でチェックしていたメールに、アップル名からのものがあった。「不審なアクセスがあり、一時アップルIDをストップします。解除はこちらから」、といった内容であった。これまでも、あの手この手の悪質メールが届いている。何もなければ普通にやり過ごしただろう。先にスマホの不具合があった事が頭に残っており、勝手に関連づけそうになった。IDが使えないと困るといった考えがよぎったが、結局おかしいと思いやり過ごした。言いたいのは平常時は正しい判断ができるのに、強い思い込み(バイアス)がかかると間違った判断をしやすいという事である。他人の行動は客観的に正しく判断できるのに、自分の行動になると欲望やよこしまな気持ちが働き、判断を間違えやすい。何かを始める際は、過去や他者と違う「こだわり」を持つ事が大切である。同時にそのこだわりがバイアスになり、全体の流れを妨げる事もよくある。大切にしながらも、それを捨てる勇気もまた大切である。

 商品の生産でも同じ事を強く感じる。品質、納期、コストの最適化が仕事であるが、最もいいのは経験値が蓄積され、意識することなく自然に流れている状態。これが全てにおいて最も安定している。逆に不良や、納期遅れ、コスト高を起こす共通項がある。初めての仕事はもちろんだが、時間のない急な仕事、無理な原価交渉、少な過ぎる生産ロット、こうしたバイアスがかかったイレギュラーな時にトラブルは起きやすい。避けられない時は、通常の3倍以上の注意が必要だ。バイアスが普段できる判断を狂わす。とすれば、常に客観的なもう1人の自分を飼っておきたいものである。


情報のキャッチ&スルー

同じ電車に居合わせた若いサラリーマンの会話が聞こえてきた。「昔スマホがなかった頃、どうやって仕事をしていたのだろう」。私に聞かれたわけではないが、何か引っかかるものがあり自問自答してみた。私の若い頃を振り返ると、まだ固定電話の時代でFAXはしばらくして出てきた。電卓は存在し、私も当時電卓がなかった時代の人は大変だったろうと想像したものである。その後、時をおいてインターネットとメール、スマホSNSが登場し、便利さと情報量が飛躍的に伸びた。いつの時代も、その時々で以前の人は大変だったと思うのが常で、未来から不自由さを心配されるとは思いも寄らない。

接する情報量が増え、便利さが格段にアップしたのは事実である。さらにスピードがそれを増幅させている。環境やツールが変わり、会えなかった人と仕事をしたり、行けなかった所に足を伸ばす事が、特権階級だけでなく普通の人にも可能になった。様々なツールが生まれたことで、一気に民主化が進んだのだ。しかし、良い事だけではない。便利さの裏側で、膨大な情報処理に悲鳴をあげているのも事実だ。環境が変わっても、124時間私たちの持ち時間は変わらない。押し寄せる情報に負けまいと、せっせと処理をする時期もあったが、こなせばこなす程要件は行列で待っていた。ある時から私は情報の波に抗うのを止める事にした。周りの人には迷惑をかけていると思うが、トータルに考えるとこれが自分なりの全体最適である。多忙は無意識の内に自ら招き入れている事が多いものである。

また勝手な理屈になるが、情報は送り手と受け手の凹凸が揃って初めて役に立つ。片方だけでは不十分で、日頃から意識している事しか身につかない。言い換えれば、意識というアンテナを立てていれば、必要な情報は集まってくると信じている。それ以外は勇気を持って流す。今の時代、いい意味でスルー力が肝要だ。もう一つ重要なのはタイムマネージメントである。持ち時間は誰も同じだが、奪う人と奪われる人がいる。それを分けているのは主体性と計画性の差だ。情報は「意識」と「時間管理」次第で、アクセルにもブレーキにもなる取扱注意の代物だ。

顧客の参加とシェアリング

 先日、主にスーツを扱う会社の方と話をする機会があった。クールビズが浸透しずいぶんビジネスシーンが変わりましたね、影響はどうですかと質問してみた。気にしていたのは需要の減少より、流行が読めず準備するのが難しくなったという事であった。昔は、3つボタンが流行れば年代を超えて広がった。今は、年代毎に流行りが違い、サイズも多様で、既製品では難しくなった。結果、間に合わそうとすると在庫過多に。控えめにすると機会損失に。どこかで聞いたような話である。今取り組んでいるのはイージーオーダー。既製品と比べると高めだが、以前のオーダーに比べると劇的に割安。在庫処分を考えれば、手間がかかってもこちらの方がメリットは大きいらしい。また最近は環境や企業の透明性を問うユーザーが増え、これまでの業界の常識を見直さざるを得なくなっている。バーバリーはブランド保持のため残品を焼却していたのを止めると発表した。材料から製品になるまでのプロセスを積極的に開示する企業も増えている。動物の毛や皮を違う素材に代用する動きもある。国連が提唱する持続可能な開発目標「SDGs」や、環境や人権問題に配慮するESGへの取組は、もう海外や一部企業の話ではない。ユーザーが強く後押ししている。
 

 話は少し横道にずれたが、共通しているのは事業活動にユーザーが参加しているという事だ。オーダーや予約は、ユーザーの事業参加と考えられる。ユーザーは自分の好みや体型を早めに伝えることで、お気に入りを確実に安く入手でき、企業は売上や生産の見込みを立てやすく無駄も省ける。社会も含め三方良しである。また予約は決まった席数や時間を分け合っているという点では、シェアリングと言える。環境負荷や無駄をなくすのにシェアリングは非常に有効な方法である。私達の展示会も、生産予定に予約をつけるという意味ではシェアリングだ。もう一歩進め、ユーザーに予約やオーダーで参加してもらえれば、より大きな成果に繋がる。一方、シェアが進むと商品の必要量が減ることは避けられない。所有から利用に、モノから体験に。市場のあり方や、顧客の価値観が想像以上に変わっているのを見過ごさないようにしたい。

虚構の方がリアルな逆転現象

 ある若いカップルが破局を迎えた。最後にもう一度会って、これで終わりにしようと話した時は、意外にも涙が出ず、そんな自分に少し驚いた。家に帰って、スマホの連絡先や楽しかった画像を消去した時、ああ終わりなんだと、急に悲しみがこみ上げてきたという話を聞いた。やや脚色されているかもしれないが、リアルよりもバーチャルの方が現実らしく感じるという例だ。同じような現象は他でも起きている。カーナビの信頼度は、自分の経験よりも確かだと思っている人の方が多い。大切なお金についても、銀行やカード会社が正しく、私たちは検証すら諦めているのがほとんどだ。これからの時代AIやデジタル化で、仕事も生活も変わると騒いでいるが、バーチャル優先はすでに私たちの生活に、静かに静かに忍び込んでいる。
         

 デジタル化による利便性は享受し幸せになりたいが、一方で人間らしさも失いたくない。人がやってきた多くの事は機械が代行するようになり、人は人じゃないとできない事をやるようになると言われている。もちろん、そうあって欲しいと願うが、先の失恋の話を振り返ると、人に優しく寄り添ってくれるのは、案外機械なのかもしれない。自分に都合よく居心地がいいことを、人は人らしいと錯覚しがちである。現実の人は、そう都合よくないし、時には残酷でもある。これからのデジタルはもっとリアルに溶け込み、差は限りなく無くなる。機械と人は共存できるか、どちらが人らしいかと、意識することもなくなるだろう。


 少し話はずれるが、同じような事で気になることがある。映画やドラマで本当に大切なことを伝えようとすると、異次元なシーンを設定することが多いように思う。当たり前の話なのに、リアルな世界では伝えきれず、逆にリアリティに欠けてしまう。伝えたい時は、宇宙人や、昔の人や、マイノリティや、動物などを登場させ、日常から離すことで話を成立させている。リアルを伝えたい時は異次元で。ここにも逆転現象が起きている。スポーツはゲームと呼ばれるように、最も現実に近い非日常と言える。日常からの適度な距離があるから、たくさんの感動やメッセージを残してくれるのかもしれない。

シンプル&ストレートが強い  

 健康という共通項で躍進している2社が気になっている。一社はライザップ。「結果にコミット」という魔法の言葉を発明し、ボディメイクからゴルフや語学などに事業を拡大すると共に、次々とM&Aを実施。その中には馴染深いスポーツ企業も含まれている。プロの経営者として有名なカルビーの元CEO松本晃さんが経営に加わった事でも注目されている。もう一社はMTG。社名は馴染薄いかもしれないが、クリスティアーノ・ロナウドとコラボしたトレーニングギア「SIXPAD」を知る人は多いだろう。他にもインバウンドにも大人気の美容機器「ReFa」、歌手のマドンナがプロデュースする化粧品「MDNA SKIN」など多くの著明ブランドを持つ。こちらは先日株式上場を果たし、その時価総額はその直前同じ市場に上場したメルカリに次ぐ規模となっている。

 「人生100年時代」を迎え、健康や美へのニーズが背景にあるのは確かだ。が、私が気になっているもう一つの共通項、それはマーケティングだ。どの商品も特徴がシンプルで独創的。初めから世界を狙っている。まずは商品の素晴らしさが前提にあるが、それを著名人とテレビを使い短期間に、徹底的に刷り込みを図った。両社共にテレビ全盛期の王道とも言えるマーケティング手法を選んでいる。メディアの主役が、インフルエンサーやアンバサダーを使ったソーシャルマーケティングに移る中、逆張りで成功している。商品の特性にもよるが、テレビかソーシャルかと一律に判断できるものではない。認知向上が目的である事に変わりはない。ソーシャルは相手に委ねる部分が大きくコントロールしづらい。コストも思った程安くない。テレビは影響度をコントロールできるものの、好意的に受け入れられるかどうかは解らない。しかし圧倒的な投入量は、好き嫌いを超えて認知を促し、テレビ離れを簡単に跳ね除ける力を持つ。好きなタレント・嫌いなタレントの調査があるが、同じ人が両方にランキングされる事が多い。タレントの出川さんは、嫌いなタレントから好きなタレントに大化けした。最も悪いのは知られていない事だ。一気に顧客の頭に侵入するには、やはりシンプル&ストレートが強い。

杓子定規から革新は生まれない(2018年7月)

 4年に一度のイベントに、寝不足の日々を過ごした人は多かっただろう。今回気になったのが「VAR」ビデオ・アシスタント・レフェリーだ。通常はピッチに立つ審判によって判定が下されるが、新たに加わったのがVAR。各スタジアムに設置された33台のカメラから送られる映像をモスクワの通信センターで4人がチームとなりチェック。疑問があるとピッチの主審に無線で連絡する。新時代の審判は、判定を正確なものにするのに役立つ一方で、プレーが中断するなど反対意見も少なくなかった。「最小の介入で最大の効果」をというFIFAのコメントは、導入の苦慮を良く示している。前回のブラジルでもGLTというゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー)が導入された。この時はより正確な判定に役立つとすんなり入ったのだが、今回は小骨が喉に引っかかった様な違和感が残る。VARPK判定のハンドで多く使われた。ボールがゴールを割ったかどうかは疑問の余地がない。ハンドも手にあたれば100%反則なら問題はない。故意かそうでないか、見た目ではない要素が加わる所が難しい。もう一つ気になるのは、そうした判断を複数の人で行うことである。多くの人が関わることで精度が上がるのは確かである。しかし複数になるとみんなが無難な判断をしようとする側面も免れない。先日、美少女コンテストのグランプリは活躍しないという新聞記事があった。みんなの投票で決めるグランプリは新規性や意外性が捨てられる。審査員特別賞の方が活躍するというのである。もちろん同列にはできないが、考えさせられる所である。

 飛躍になるが、私達の仕事や日常生活でも行動履歴をトレースできる様になっている。業務の効率をあげたり、生活に必要なものを先回りして提示してくれる便利さの反面、監視されている無気味さもある。車の運転を例にしてみよう。60kmの法定速度を守るのは当たり前。しかし現実は、暗黙の適度なオーバーで車の流れは成り立っている。同じ様な事はたくさんある。世の中は黒白だけではうまく回らない。曖昧なグレーが必要だ。革新の種は、曖昧さに潜んでいる。行き過ぎた見える化と共に、見過ごされる権利が大切になる。