寿円佳宏 wonderland

スポーツ業界紙「スポーツフロンティア」に掲載しているコラムをブログで紹介。

プロジェクトに呼ばれるために

 人生100年時代と言われ、少なくとも80年以上を生きる時代になった。少し前、父親たちの世代は55歳が定年で、10年ほど余生を過ごし人生を終えるのが普通であった。70歳以上だと長生きで良かったですねと、声をかけていた様に思う。今は60歳定年が多いが、年金支給は65歳から。年々、給付時期が遅くなり約束が違うと言いたいが、平均寿命を考えると解らなくもない。退職後10年が余生という暗黙の設計から逆算すると、最低70歳まで働く必要がある。漫画「サザエさん」に登場する磯野波平さんは永遠の54歳。失礼な言い方になるが、ハゲ頭で丸メガネ、家ではいつも着物姿。今の時代こんな54歳はいない。どうみても70歳以上だ。何事においても、今と比べ10歳以上の差がある。

 これからの人達は、約50年にわたり働く事になる。日本企業の平均寿命は25年。個人の時間の方がはるかに長いのだ。こうなると、最初入った会社で最後まで勤め上げる終身雇用は、もはや成り立たない。それぞれが段階的に仕事や会社を変える様になるはずである。働き方改革の取り組みも加わり、企業も個人も大きな意識改革が求められている。またスピードが早く、事業に必要な能力も多様で、全てを一つの会社で行うことは難しい。これからはプロジェクト型で、複数の企業や多彩な専門家が集まり事業を進める事になる。個人も複業という形で、複数の顔を持ち経験を磨いていく。こんな世の中で存在を示すには、今まで以上に強い専門分野をもつ(可能なら2つ以上あるのが望ましい)。自分のやりたいテーマを明確にする。これが大切だと思う。しかも苦労して身につけた能力も、その賞味期限は思った以上に短い。安住を許してくれない。学び、変わり続けるしかないのだ。

   協業やオープンイノベーションを進めるには、時代の変化に対応するだけでなく、自分は何者か深く意識しておく必要がある。外の世界と同時に、内の世界(自分自身)にも目を向ける。グローバルを意識すればする程、アイデンティティが重要になるのと同じだ。桁違いの情報に飲み込まれないためには、ブレない軸が必要で、童話の「青い鳥」ではないが、それはいつも自分の中にある。

時代をリセットする日本の知恵

 4月1日に新元号「令和」が発表された。「令」の字が命令とか統制をイメージし好ましくないとか、「和」は最も大切な平和を象徴し嬉しいとか、賛否両論があった。全体的には若い人は好意的で、年齢の高い人は懐疑的という印象である。グローバル世界でのコミュニケーションを考えると、文字に意味を持たせない表音文字が効率的だろう。漢字に代表される表意文字は、同じ文化を共有している間柄では、写真を撮るように瞬間的に意味を理解したり、表に見えない意味や想いまでを伝える力を持つ。これは幼少期の英語教育のあり方にも通じる話である。一部では、元号そのものが必要なのかともいう意見もあり、改めて言葉は民族や文化の源である事を考えさせられる機会になった。

 また言葉は、伝える人、時、場で受け止める人の印象が大きく変わる。同じ言葉でも、好きな人から聞くのと嫌いな人からでは違う。今回は、みんなが発表を待つという準備された状態で差は少なかったが、同じ人でもその人の状態で受け止め方は違うのだ。これがコミュニケーションの難しさであり、また面白さでもある。最近の風潮では、あまり自分の意見は言わず勝ち馬に乗る日和見的な傾向にあると感じていたので、元号でこれだけ盛り上がったのはいい事だと思う。本当は、様々な案件に国民が関心を持ち、違った意見をぶつけ合うのが望ましいはずである。政治や経済には無関心で、文化やバラエティに興味を示す国民性は、世界でも特異な気がする。このコラムが出る頃には、何度も見聞きする中で「令和」は市民権を得、随分前から使っていた気分になっているのだと思う。何事も水に流す、桜の刹那さを愛でる、熱しやすく冷めやすい、これもまた国民性なんだろう。

 4月1日の日経新聞朝刊で、ページを開いた瞬間やられたという衝撃的な広告があった。キンチョウ(大日本除虫菊)だ。見開き30段を使い、数時間後の菅官房長官の姿、新元号が書かれたボードを高く掲げる光景をパロったものであった。菅さん役は香川照之さん、ボードの文字はキンチョール。エイプリルフールにも重なる。この日しか使えない一回限りの広告。世の高揚感、気分のすくい上げ方が絶妙。センスの良さが光っていた。

したたかにAIを手なずける顧客

 弊社の調査で顧客に直接ヒアリングする機会があった。その中で「情報の接し方」が興味深かったのでご紹介させていただく。母数は数十人と限られた数であるが、何となく思っていた事を確認することになった。私が感じたのは次の三つ。情報の接し方が、検索からSNSに急速にシフトしていること。もう一つは動画へのシフト。そして顧客の態度が能動的から受動的になっていることだ。

 検索は便利だが探せるのは世間一般の情報。それより家族や知人など信頼できる人の情報の方が信じられる。SNS化は予想されたが、浸透度は年代によっても違う。私の年代は調べものといえば、本屋か図書館に行くという時代である。それがネットスケープやヤフーが登場し、インターネットで情報を探すようになった。SNSも使うが、探し物といえば、まだグーグルをたたくのが習慣になっている。だから、そのキッカケになるキーワードが重要と考えているが、その考えもいささか怪しくなっている。

 私はSNSを知人の近況を知るというより、興味ある情報を集めるツールとして利用している。ネットが個人の趣味や興味を探ってくれる事を、逆手に取っているつもりであった。興味を持ったら、積極的にクリックしたりシェアする。そうすると欲しい情報が自動で集まってくるのだ。この方法を私独自と思っていたら、多くの人が同様の活用をしていると知った。人によっては、興味別にアカウントを作り、情報を収集できるようにしているらしい。企業もユーザーも、水面下でしたたかな戦いを続けているという事だろう。

 動画へのシフトは、情報量が急激に増えた事と、それぞれが非常に忙しく、一つの事に使える時間が短くなっていることが大きい。テキストより画像、画像より動画。瞬間的にわかるフォーマットに移っている。 最後に、能動から受動にという顧客の態度変容。これも情報の多さと、顧客が使える時間の制限に寄る所が大きい。そうした中で、テクノロジーを最大に活用することは悪くない。望むことは、こうして効率化を図ることで生まれた余裕を、怠けるのではなく、新しい価値を考える楽しみにしたいものである。思考停止が人を最大に退化させると思う。

立ち止まると、急速に色褪せる

   各企業の決算が続々と発表されている。中国経済の減速や、イギリスの合意なきEU離脱などの不透明感から、前年を割る発表が目につく。そうしたニュースで感じるのは、昨年のこの時期は、同じ問題を抱えながらも、多くの企業が増益、過去最高を連発と、活気あるニュースであふれていた。それがわずか半年や1年で大きく変わる。不透明さと時の早さを痛感する。もう一つは、こうした状況でも成長目覚ましい企業があることだ。もう業界全体がという話ではない。追い風、逆風の影響は受けるが、同じ業種でも成長する所と、そうでない所の差が大きくつく時代だと思う。

   象徴的に思えたのは、世界を席巻するGAFAの2社、アップルとアマゾンだ。アップルは、中国ビジネスの大幅減とユーザーの買い替え期間が長くなった事で、第1四半期の決算が10年ぶりの減収減益となった。ただ次の第2四半期は、iPhone 以外の販売やサービスの課金事業が好調で増収増益を見込む。アマゾンは18年度の年次決算を発表。大幅な増益を果たした。牽引したのはクラウドサービスと広告。もはやECだけの会社でない事を数値が示している。成長する企業も中身を分解すれば、その内容が大きく変わっているという事だ。世界を席巻したビジネスでさえ急速に色褪せる。競争相手がいないと思われたマイクロソフトは、しばらくGAFAの後塵を拝していたが、クラウドや従量課金にビジネスを変えて復活。時価総額でNo1(18年12月)に返り咲いている。

   規模は全く違うが、自分自信の仕事を振り返っても同じことが言える。前年と同じでは8掛けか9掛けがいい所。実績があり安全そうに見える事が最も危険。少々乱暴な言い方をすれば、規模が小さいという事は、失うものが少ない。勇気を持って新しい事に踏み出すチャンスと考えるのだ。結果を見ると、それが見事に当てはまる。もちろん全て新しい事が当たるわけではないが、新しく手を打ったものが牽引しているのは確かである。全体に均等でなく、二桁ダウンを覚悟しながら、二桁アップの商品をいかに作るかが重要になっている。迷ったら新しい方。アイデア次第で、小さい事を武器にできる時代である。

AIが作るもう一人のワタシ

   ある番組で、大谷翔平を負かした男として、ボストン・レッドソックスのムーキー・ベッツ選手が紹介されていた。入団前は全く注目されていなかったが、レッドソックスの特殊な発掘テストで見出された。身長は175cmと小柄ながら比類な能力を持つ。「判断力」と「瞬発力」だ。判断力は、ボールを見極める脳の力。瞬発力は、脳の命令を受け身体が動き出す速さを意味する。

  大谷投手は、150kmのストレートと140kmの高速スプリットを投げる。同じ軌道から変化してくるボールを打ち返すのは至難の技だ。スプリットの空振り率は70%以上、他の投手の倍の率を誇る。矛と盾ともいえる二人の対決、18年シーズンはベッツが上回った。ベッツは大谷投手の手からボールが離れた瞬間、通常の選手より約1/3早い段階で、打つ・打たないを判断する。打つと決めると動き出すスピードも他の選手より1/3早い。二つの速さが、大谷投手のボールへの対応を可能にしている。MLBの球場では、ミサイルを追尾するレーダーやカメラが選手の一挙手一投足をデータ化し、日々プレーを進化させている。こうしたデータで示されると、MLBプレーヤーの超人さや、次元の違いがよくわかる。

  MLBで起きているデータ革命も興味深いが、「脳」と「体」に分けてプレイを考えていることに関心を持った。AIの進化と重なると感じたからだ。蒸気機関から始まった機械化は、人の筋力を代替してきた。今はセンサーという目を得て、一層の高度化を果たしている。さらにAIは自ら学習する能力を得て、知能まで代替する様になった。誰もが自分の分身となる脳と体を持つのも近いはずだ。これまでも本やビデオを通じ、先人の考えが受け継がれてきた。が、AIの知能は過去だけでなく、その人が考えそうな事を推察し、今に対応する。そしてAI知能は、その人が亡くなった後も生き続けるのだ。またAIが、本人を追い越して行く現象も起きている。フェイスブックを例にあげると、150のいいねで配偶者より私をよく知り、300のいいねで私より私をよく知ると言われる。長年の夢であった不老不死はこれなのか、自分の存在は何なのか。初夢ならぬ私の妄想は続く。

もう一人の自分を飼っておく

 先日、出張先で待ち合わせ場所の近くまで行きながら迷ってしまった。地図アプリを開こうとしたが、スマホの調子が悪く表示されない。迫る時間に焦りながら、ウロウロしていると運良く待ち人の姿が見え、ぎりぎり間に合った。初めてのお客様訪問に迷惑をかけずに済んだ。その後、今度は新幹線の切符を予約しようとしたが、アプリに接続できない。何度かトライするが状況は変わらない。再起動してみると復活。運良くこちらも事なきを得た。立て続けに起きたスマホの不具合が頭に残った。

 乗り込んだ新幹線でチェックしていたメールに、アップル名からのものがあった。「不審なアクセスがあり、一時アップルIDをストップします。解除はこちらから」、といった内容であった。これまでも、あの手この手の悪質メールが届いている。何もなければ普通にやり過ごしただろう。先にスマホの不具合があった事が頭に残っており、勝手に関連づけそうになった。IDが使えないと困るといった考えがよぎったが、結局おかしいと思いやり過ごした。言いたいのは平常時は正しい判断ができるのに、強い思い込み(バイアス)がかかると間違った判断をしやすいという事である。他人の行動は客観的に正しく判断できるのに、自分の行動になると欲望やよこしまな気持ちが働き、判断を間違えやすい。何かを始める際は、過去や他者と違う「こだわり」を持つ事が大切である。同時にそのこだわりがバイアスになり、全体の流れを妨げる事もよくある。大切にしながらも、それを捨てる勇気もまた大切である。

 商品の生産でも同じ事を強く感じる。品質、納期、コストの最適化が仕事であるが、最もいいのは経験値が蓄積され、意識することなく自然に流れている状態。これが全てにおいて最も安定している。逆に不良や、納期遅れ、コスト高を起こす共通項がある。初めての仕事はもちろんだが、時間のない急な仕事、無理な原価交渉、少な過ぎる生産ロット、こうしたバイアスがかかったイレギュラーな時にトラブルは起きやすい。避けられない時は、通常の3倍以上の注意が必要だ。バイアスが普段できる判断を狂わす。とすれば、常に客観的なもう1人の自分を飼っておきたいものである。


情報のキャッチ&スルー

同じ電車に居合わせた若いサラリーマンの会話が聞こえてきた。「昔スマホがなかった頃、どうやって仕事をしていたのだろう」。私に聞かれたわけではないが、何か引っかかるものがあり自問自答してみた。私の若い頃を振り返ると、まだ固定電話の時代でFAXはしばらくして出てきた。電卓は存在し、私も当時電卓がなかった時代の人は大変だったろうと想像したものである。その後、時をおいてインターネットとメール、スマホSNSが登場し、便利さと情報量が飛躍的に伸びた。いつの時代も、その時々で以前の人は大変だったと思うのが常で、未来から不自由さを心配されるとは思いも寄らない。

接する情報量が増え、便利さが格段にアップしたのは事実である。さらにスピードがそれを増幅させている。環境やツールが変わり、会えなかった人と仕事をしたり、行けなかった所に足を伸ばす事が、特権階級だけでなく普通の人にも可能になった。様々なツールが生まれたことで、一気に民主化が進んだのだ。しかし、良い事だけではない。便利さの裏側で、膨大な情報処理に悲鳴をあげているのも事実だ。環境が変わっても、124時間私たちの持ち時間は変わらない。押し寄せる情報に負けまいと、せっせと処理をする時期もあったが、こなせばこなす程要件は行列で待っていた。ある時から私は情報の波に抗うのを止める事にした。周りの人には迷惑をかけていると思うが、トータルに考えるとこれが自分なりの全体最適である。多忙は無意識の内に自ら招き入れている事が多いものである。

また勝手な理屈になるが、情報は送り手と受け手の凹凸が揃って初めて役に立つ。片方だけでは不十分で、日頃から意識している事しか身につかない。言い換えれば、意識というアンテナを立てていれば、必要な情報は集まってくると信じている。それ以外は勇気を持って流す。今の時代、いい意味でスルー力が肝要だ。もう一つ重要なのはタイムマネージメントである。持ち時間は誰も同じだが、奪う人と奪われる人がいる。それを分けているのは主体性と計画性の差だ。情報は「意識」と「時間管理」次第で、アクセルにもブレーキにもなる取扱注意の代物だ。