jueny’s diary

スポーツ業界紙「スポーツフロンティア」に掲載しているコラムをブログで紹介。

杓子定規から革新は生まれない(2018年7月)

 4年に一度のイベントに、寝不足の日々を過ごした人は多かっただろう。今回気になったのが「VAR」ビデオ・アシスタント・レフェリーだ。通常はピッチに立つ審判によって判定が下されるが、新たに加わったのがVAR。各スタジアムに設置された33台のカメラから送られる映像をモスクワの通信センターで4人がチームとなりチェック。疑問があるとピッチの主審に無線で連絡する。新時代の審判は、判定を正確なものにするのに役立つ一方で、プレーが中断するなど反対意見も少なくなかった。「最小の介入で最大の効果」をというFIFAのコメントは、導入の苦慮を良く示している。前回のブラジルでもGLTというゴール機械判定技術(ゴールライン・テクノロジー)が導入された。この時はより正確な判定に役立つとすんなり入ったのだが、今回は小骨が喉に引っかかった様な違和感が残る。VARPK判定のハンドで多く使われた。ボールがゴールを割ったかどうかは疑問の余地がない。ハンドも手にあたれば100%反則なら問題はない。故意かそうでないか、見た目ではない要素が加わる所が難しい。もう一つ気になるのは、そうした判断を複数の人で行うことである。多くの人が関わることで精度が上がるのは確かである。しかし複数になるとみんなが無難な判断をしようとする側面も免れない。先日、美少女コンテストのグランプリは活躍しないという新聞記事があった。みんなの投票で決めるグランプリは新規性や意外性が捨てられる。審査員特別賞の方が活躍するというのである。もちろん同列にはできないが、考えさせられる所である。

 飛躍になるが、私達の仕事や日常生活でも行動履歴をトレースできる様になっている。業務の効率をあげたり、生活に必要なものを先回りして提示してくれる便利さの反面、監視されている無気味さもある。車の運転を例にしてみよう。60kmの法定速度を守るのは当たり前。しかし現実は、暗黙の適度なオーバーで車の流れは成り立っている。同じ様な事はたくさんある。世の中は黒白だけではうまく回らない。曖昧なグレーが必要だ。革新の種は、曖昧さに潜んでいる。行き過ぎた見える化と共に、見過ごされる権利が大切になる。

大切なのは、便利より自由である事(2018年6月)

 音楽の再生、天気やニュースの読み上げ、家電や照明のセットを簡単にリモート操作できる、アマゾンの音声アシスタント「エコー」で、夫婦の会話が友人に送られるという事故があった。エコーは、「アレクサ」と呼びかけてアシスタントが始まるのだが、何かの言葉を聞き違えスタート。さらに会話に登場した友人の名前を聞いて、会話を友人に送るよう命令されたと勘違いした。盗聴されたのではなく、アレクサの勘違いが重なって今回の信じられない事故が起きたというのだ。昔、島に住む一人の男の行動がすべてビデオに収められ、彼がどんな人生を送るのかを世界中の人たちが、TVドラマとして楽しむという映画があった。それが架空の話でなく、私生活の全てが誰かに見られている、監視の目は我が家までやって来ているということだ。中国では街中に監視カメラが設置され、顔認証技術を合わせると「寿円さん、赤信号で渡るのは法律違反ですよ」と注意できる所まで来ているとも言われる。欧州委員会20185月に「一般データ保護規則(GDPR)」を施工、EU内のすべての個人データの保護を強化している。IT企業の「データ錬金術」に対する欧州委員会強い懸念が背景にある。

 一度使うと手放せなくなる様々なサービスを、私達は進んで享受している。しかもその多くは無償。冷静に考えれば成り立たない話である。それが続けられるのは何故か。無償で多くの利用者を集め、広告で成り立たせる。データの集合知を使い商品開発やサービス向上に使う。ここまでは理解できる。しかし、サービス利用のための同意書の中に不利な用件が盛り込まれていたり、消されているはずの個人情報が、他のデータと組み合わせることで特定されたり。さらにフェイクニュースや気づかない形で世論が誘導されるのも心配だ。便利さと引き換えに提供する私達の行動情報。うまく使えば予防医療や交通渋滞の解消など、社会資本になる。しかし使い方に寄れば後戻りできないリスクにもなる。メリットとリスクを理解した上で利用するしかなく、是非は一律に決められない。絶妙のバランスやセンスが問われる。束縛されず自由でいるには、「無知」や「思考停止」が最も怖い。

次の時代は次の人たちが作る(2018年5月)

 今年も十数名の新社員を迎えることができた。スポーツは人気業種で弊社でもけっこうな倍率となっている。エントリーシートから始まってSPI試験、グループインタビューや面接などを通過してきた精鋭達である。いつも思うのだが、当時の私が試験を受けたら、確実に落ちる。今の自分でも危ないかもしれない。時代が違うというよりレベルが違う。売り手市場という現在にあっても、今の子たちは入念に準備して臨む。選ぶ方も応募する方も、格段に洗練されている。

 とは言え、こうした精鋭達がその後成長し中軸に育つかとなると別である。ゴルフの練習場でいくら調子が良くても、それは練習場の話でコースとは別物。そんな感覚に近いのかもしれない。言えるのは、想定されたことにはめっぽう強い。またその幅も広い。ある選考者は、意外な質問をしようと練っていたが、すべて良く聞かれる質問としてネットに掲載されているのを見て愕然としたらしい。生まれた時からインターネットがあり、物心ついた時にはスマホがあるデジタルネイティブ世代。また周りへの気遣いを優先する優しさも持ち合わせる。賢く好まれるように演じているだけで、本質はそれぞれ個性豊かな様に思う。

 以前にも触れたことがあるが、スポーツやアーティストといった障壁が低い分野では、10代や20代の若い人達が世界を舞台に活躍している。最近は日本でも起業する若者が増え、同年代の実業家が目立ち始めている。高校生の起業家や20代までを対象にしたファンドも生まれている。基礎となる能力やネットワーク力は高い。組織のヒエラルキーや過去の成功体験という枠が、せっかくの能力を閉じ込めていた。今その呪縛がすごいスピードで溶けている。制約がなければ飛び出してくると信じたい。

 先日北欧の幼児教育を視察してきた知り合いの話を聞く機会があった。日本でも32Xという答えが一つの教え方から、XY5というような複数の答えを導く教え方に変わって来ている。北欧ではさらにXYZ。問題も答えもすべて自分で考える。何も教えず、見守るだけといった教育で成功しているという。それに倣えば「信じて、まかす」ということだろう。理屈ではわかるが、これがまた難しい。

答えも課題も、自分で見つける(2018年4月)

 人工知能が発達する背景には、様々なモノが繋がるようになったこと(IoT)、ネットワークを使って雲のように離れた所にあるソフトウェアやデータを使うサービス(クラウド)が主流になったことが大きい。この二つにより、ビッグデータと呼ばれる大量のデータを迅速に処理することができ、AIは急速に進化した。そんな事をやっと腑に落とせたと思ったら、新たにエッジコンピューティングという言葉が飛び込んできた。クラウドかエッジという二者択一ではなく、それぞれの特性を活かした組み合わせが大切な様である。エッジと呼ばれるように、どこか離れた所にサーバーがあるのでなく、利用者の近くにサーバーを配置する事で、データのやりとりにかかる時間を短くする。センサー等から集まるデーターをリアルタイムに処理するには、クラウド経由では遅すぎる。データ量ではクラウドに強みがあるが、スピードではエッジが強い。より速い判断が望まれる、車の自動運転や工場の安定稼働、顔認証ではエッジが向いている。これまでも「分散」と「集中」を繰り返してきた。今後も得意な機能を分担しながら、分散と集中を繰り返すのだろう。

 分散への移行という点で、もう一つ面白い話がある。これも最近注目されている事であるが、米軍式のマネージメント手法、OODA(ウーダ)だ。おなじみのマネージメント手法にPDCAがある。PDCAはビジネスを合理的かつ効率的に進めるのに役立つ。環境や与件の変化が少ない時は、PDCAは効果的で今なお広く使われている。OODAは、戦場で産まれた機動性に優れたマネージメント手法。市場や顧客ニーズの変化が速い中では、固定的なPDCAより機動的なOODAが向くと言われる。OODAは、Observe(観察)、Orient(状況判断、方向づけ)、Decide(意思決定)、Act(行動)の頭文字。状況が読めず刻々と変化する戦場では、一瞬の判断の遅れが死に繋がる。本部の指示を待っている余裕はないギリギリの状況から産まれた。現在のビジネス環境は安定より変化の時だ。また正解のない時代、答えの前の課題すら定まらない時代でもある。それだけに現場が裁量権を持つ面白い時である。

心理を味方につける(2018年3月)

 定期的に内視鏡検査を受けているが、何度受けても慣れない。とは言え、初めての時は要領がわからず焦ったが今は落ち着いている。やっていることに変わりはないのだが、気持ちの準備が違う。初めての時は、検査の管が喉を通る苦しさと、その先がどうなるのかわからないため混乱した。苦しさより先が見えない不安が大きかった。一度経験すると、苦しみは喉を通過する時だけと知っているから落ち着いていられる。受診前に検査は20分くらい。喉を通る時は辛いですが一瞬です。ガスを入れたり生検しますと、段取りと時間を教えてもらっていれば、初回から安心して受診できたのではないかと思う。受診後の注意は、ものすごく丁寧に、何度受けても初めてのように説明してくれる。しばらくは麻酔が残っており、早々に食べると気管に入ったりする危険があり、そのエクスキューズだ。危険度の高い手術や薬については先に説明があり同意のサインを求められる。どれも供給者視点の対応である。不安を取り除く事前の説明は、顧客視点の対応だ。顧客の気持ちや心理を推察し先回りするやり方は「おもてなし」にも通じる。

 以前予約のできない鰻の人気店に行ったことがある。想像どうりの込み具合で、一瞬迷ったが待つ事にした。席に着くまでに2つの簡易待合スペースが用意されていた。今はスマホがあるので待つ苦痛は減っているが、時間潰しに店の歴史や鰻の事が描かれた印刷物が置いてあったり、退屈しかけたタイミングでお茶が出された。次のブロックに進むと、メニューを渡され事前に注文を聞かれる。待つ苦痛より、お目当てまでもう少しという高揚感の方が勝っていた。うまい演出だ。遅いエレベータを費用をかけず速く感じさせるにはどうするか。鏡を付けると効果的だという話もある。鏡があると身だしなみをチェックしようと、そちらに気が移りエレベーターの遅さを感じにくくなる。物理的に苦痛を柔らげたりスピードを速くできるなら、それに越したことはない。が、私達の周りはそう行かないことの方が多い。それでも顧客の心理を慮ることで、満足を上げることはできるはずである。いくら理屈で考えていても、人は感情で動くことが多い。だからこそ面白い。

スポーツと5つの性格スキル(2018年2月)

 あるアメリカの調査では、今後1020年の間に、アメリカの雇用の47%AIやロボットにとって代わられるという。仮にそうだとすれば人はこれから、どんな能力を身につければいいのか。先日それについて面白い記事を見つけた。話題にしていたのはビッグファイブと呼ばれる性格スキル。順不同だが、1)開放性/好奇心や審美眼、2)真面目さ/目標と規律を持って粘り強くやり抜く資質、3)外向性/社交性や積極性、4)協調性/思いやりや優しさ、5)精神的安定/不安や衝動が少ない資質。この5つの組み合わせが、その人の性格、ひいてはその人の人生に大きな影響を与えるという。日本でも同様の研究がされており、この性格スキルと、就職や年間所得の関係が紹介されていた。一般的には学歴の影響が大きいように思えるが、真面目さ/目標を決めて最後までやり抜く資質、これが最も影響するという。次は精神的な安定性で、その中の要素である自主性が大きい。その次は協調性だが、面白いことに日本では協調性は収入にプラスに働くが、海外では協調性の高さは収入のマイナスにつながるという。こうした能力に共通していることがある。どれも先天的なものでなく、後の努力で身につけられるという事だ。また20代や30代になってからの方が高められる能力もある。努力次第で、誰にもチャンスがあるというのが嬉しい。

 私は、ここにスポーツの大きな可能性のヒントがあると思い、長々と紹介させていただいた。もちろん身体を動かす喜びや健康への貢献はスポーツの大きな役割である。が、国連が目指す持続可能な社会「SDGs」で提唱している17項目のうち、スポーツは「健康」と「教育」で大いに貢献できると思う。先のビッグファイブは、全てのスポーツの中にある要素である。しかもいいのは、ビッグファイブ修得のために特別な事をする訳ではない。好きなスポーツでうまくなりたいと夢中になっている中で、自然と醸成される。これがいい。教育臭くならない注意が必要だが、より多くの子供たちがスポーツに参加できるよう、親御さんをこの辺りから刺激してはどうだろう。スポーツ“で”学ぶ子どもを増やしたいものである。

コピーできないものに価値(2018年1月)

 年末年始、お笑いや歌番組を多いに楽しんだ。暫くぶりで、知らない芸人や歌手が多い。次々と登場する知らない新しい人たちと、知っている古い人たち。私感で恐縮だが、大抵は新しい人の方がおもしろい。古い人の多くは、むかし成功した型から出ようとしない。新しい人の登場がなければ、それでもやって行けただろう。しかし幸運な時代はもう過去。常に新しい競争の中で試される。歌番組も同様に入れ替わりが激しい。今はダンスが幅を効かせ、より動画的なものが好まれている。芸人のパフォーマンスもそうだが、身体一つとアイデアで自分の世界を表現する姿は、デジタルの反動として、無意識に支持されているのかもしれない。

 毎年、新年の新聞を楽しみにしている。今年はテクノロジーの先に「人」はどうなるか。より「人」に視点が向けられた記事が多かった。良くも悪くも十把一絡げ、森しか見えなかったのが、デジタルの力で一本一本の木まで見えるようになり、個性が問われる事になった。埋没していた個性は見つけられやすくなったが、全体の傘に隠れていた没個性は、振るい落とされる危険に直面している。

 先日、障害を持つ人たちの創作活動を支援している施設「しょうぶ学園」の存在を知った。学園には、布、木、土、和紙などの工房があり、そこでの作業は純粋な創造性に満ちている。誰かに認められるためでなく、自分に正直な気持ちから生まれた作品は、結果として現代アートとして高く評価されている。どの作品も個性に溢れ、圧倒的な力で人を引きつける。例えば野間口桂介さんの刺繍作品。一枚のシャツに様々な色の糸で隙間無く盛り上がるくらいに刺繍を施した作品で、完成まで4年を費やしたという。ランダムに見えながらも一定のリズムをもつ色使いや質感。私もこの作品でこの施設に興味を持った。刺繍されたシャツは四年にわたる活動の集大成。改めて「身体の力」のすごさを感じる。AIに対する人の役割。それは自分らしくありたいという強い意思と身体活動ではないかと思う。AIは高速な大量コピーの申し子。逆にAIが不得意なのは、言葉にできないことや身体的なこと。とすると、人はコピーできないものをやるしかない。